ファクタリングの悪徳業者の手口とは?悪徳業者の見分け方を紹介

即日の資金調達が可能なファクタリングは、売掛債権を売却する金融サービスのひとつです。

ファクタリング以外にも企業の資金調達の方法は様々ありますが、ビジネスローンなどの貸金業の金融サービスでは悪徳業者が多く、高額な利息を請求してくる事例が後を絶たちません。

ファクタリングの場合はどうかと言うと、残念ながら悪徳なファクタリング業者は少なからず存在しています。

そこでこちらでは、ファクタリングの悪徳業者の手口とその見分け方について紹介していきます。

目次

ファクタリングの悪徳業者の手口とは?

ファクタリングは手数料を業者に支払うことで、売掛債権を売却することができますが、悪徳業者の手口としてはこの手数料を引き上げるケースが多くみられます。

そもそもファクリングの手数料には基準というものがなく、各ファクリング業者が設定しています。

また、ファクタリングは貸金業ではないので貸金業法や出資法などの規制対象になっていないのも、悪徳業者が発生しやすい原因です。

悪徳なファクタリング業者の手口としては、下記のようなものが挙げられます。

ギリギリのタイミングで手数料を引き上げる!

悪徳なファクタリング業者の手口の典型では、最初は相場に見合った手数料を提示していますが契約するギリギリのタイミングで手数料を引き上げるケースがあります。

ファクタリングの手数料の相場は2者間ファクタリングと3者間ファクタリングでは異なりますが、2者間ファクタリングであれば「10~30%」で3者間ファクタリングであれ「1~5%」が相場になります。

見積もりしてもらった時点では相場通りの手数料であっても、悪徳業者の場合には何かと理由をつけて手数料を高くして契約書に押印させようとします。

ファクタリングを行うときには一刻も早く資金を準備したいものですが、悪徳業者の場合にはその気持ちを利用して契約直前に手数料の引き上げを図ってきます。

想定外の手数料を請求してくる!

ファクタリングの手数料は主に「ファクタリング会社の利益」が多くを占めますが、その他にも「着手金」「事務手数料」「審査手数料」などの手数料があります。

ファクタリングの着手金は一般的に無料となっていることが多いですが、悪徳業者の場合には後になってから着手金を請求してくるケースがあります。

また、印紙代や債権譲渡登記費用の事務手数料を割り増ししてくる手口もあるため、事前に事務手数料が適正であるかどうかを確認する必要があります。

その他にも、ファクタリングの手数料には消費税が発生することがありませんが、悪徳業者の場合には手数料に消費税を上乗せしてくるような手口もあります。

ファクタリング業者への支払いを分割にさせて利息を取る!

ファクタリング業者へ売掛金を支払う流れは、2者間ファクタリングの場合には一度利用会社に売掛金が支払われ、その後に利用会社からファクタリング業者に一括払いで売掛金を支払うことになっています。

資金に困窮している利用会社としては少しでも資金を蓄えたいもので、通常通りの売掛金の一括支払いは気が引けるものですが、悪徳な業者の場合にはそれを逆手に取ってきます。

具体的な手口としては、利用会社の資金の困窮具合に対してあたかも助けかの如く、ファクタリング業者へ支払う売掛金を分割払いにさせようとしてきます。

この場合の業者の狙いはとしては、分割払いにさせた売掛金に対して利息を掛けてより多くの利益を上げようとしています。

悪徳なファクタリング業者の見分け方とは?

悪徳なファクタリング業者の手口としては、主に手数料や利息を多く取るケースが見受けられます。

ではどのようにすれば悪徳なファクタリング業者を見分けることができるのでしょうか?

続いて、悪徳なファクタリング業者の見分け方を見てきましょう。

最初に提示される手数料が相場とかけ離れている!

悪徳なファクタリング業者は、最初に提示している手数料が相場とは違います。

極端に手数料を低く設定している場合には契約直前に割り増しする可能性があり、それとは逆に最初から相場よりも高い手数料を提示している業者もいます。

そのような相場とはかけ離れた手数料を提示している場合には、悪徳な業者の可能性があります。

そのため、悪徳なファクタリング業者を見分ける最初のポイントとしては提示している手数料を確認することである程度は判断できます。

ホームページに記載されてある会社概要の情報が乏しい!

多くのファクタリング業者が自社のホームページを公開していますが、そのホームページの会社概要を確認することでも悪徳な業者であるかが分かります。

悪徳な業者の場合には細かい会社の住所や代表名などが記載されていなく、番地が不記載であったり苗字だけしか記載されていないことが多いです。

優良なファクタリング業者の場合には、「代表者の氏名」や「所在地の住所」はもちろんのこと、「アクセス情報」「固定電話の電話番号」「創業年月日」「代表者や従業員の顔写真」「過去の事情実績」など細かく会社の情報が記載されてあります。

見積書を作成してくれない!

実際にファクタリング業者に申し込む場合には、事前にどのくらいの売掛債権があり、どのくらいを買い取ってもらえるのかを見積もりします。

見積もりの際に買い取り金額を口頭で伝えるだけで、見積書を作成してくれない場合は悪徳業者の可能性が高いです。

また、見積書を作成してもらっても不明でよく分からない手数料が明記されてあったり、ホームページに提示している手数料と異なる場合にはそのファクタリング業者は利用しない方がいいでしょう。

審査に必要な書類が少ない!

悪徳なファクタリング業者の場合には、審査をまともにしていないことが多くその時に必要な審査書類の提出に対しても希薄です。

一般的なファクタリング業者の審査書類は主に下記のようなものになります。

・本人確認書類
・商業登記簿謄本
・印鑑証明書
・決算書
・納税証明書
・売掛金先との契約書・納品書・請求書
・入金履歴が分かる通帳など

これらの審査書類の全てを提出しなければ悪徳業者という訳でありませんが、本人確認書類と決算書だけで審査が通る場合には融資を目的している業者の可能性が高いです。

また、ファクタリングの場合には売掛債権の信ぴょう性が重視されるので、売掛金先との契約書や納品書は必要になります。

送金先の銀行口座の名義と会社名・代表名が異なる!

悪徳なファクタリング業者は創業してもすぐに会社名をすぐに変えてしまうため、送金先の銀行口座の名義と会社名が異なっています。

また、代表者の氏名が架空の場合も銀行口座の名義とは異なっているため、悪徳なファクタリング業者の可能性があります。

その他にも、法人口座ではない銀行口座の業者の場合にもやや注意が必要で、法人登録している業者であれば法人口座を保有していることが多いです。

ファクタリング悪徳業者の見分け方まとめ

悪徳なファクタリング業者の手口は実に巧妙で、最初は優しく丁寧な口調で接してくることがあるため悪徳業者であることを見抜きにくい場合があります。

また、闇金業者のように脅したり恫喝するような極めて悪徳なファクタリング業者に遭遇した事例などがあります。

例えば、取引先にファクタリングの事実を知らせることを理由にして、手数料を引き上げるような事例があり、このような業者はとても悪徳なファクタリング業者と言えます。

このような悪徳なファクタリング業者に遭遇しないためにも、事前にファクタリン業者の見極め方を知っておくことが重要です。

>>ファクタリングの基本情報はこちらより

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる