ファクタリング会社はどこがいいの?!ファクタリング会社の選び方を解説

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に売却しますが、その際の手数料はファクタリング会社によって様々です。

また、悪質なファクタリング会社も存在しているため、初めてファクタリングをする経営者の場合には「どこファクタリング会社がいいのだろうか…」と少し悩んでしまいます。

そこでこちらでは、自社に最適なファクタリング会社の選び方を紹介していきます。

目次

ファクタリング会社の選び方とは?

手数料が適正なところを選ぶ!

ファクタリング会社を選ぶ際に目安となるものは、それぞれのファクリング会社が提示している「手数料」になります。

ファクタリングの手数料は各会社によって様々ですが、初めてファクタリングを利用する場合には適正な手数料を提示しているファクタリング会社をまずは選ばなければなりません。

手数料が高すぎるファクタリング会社を選んでしまうと手元に残る売掛金が大きく目減りしてしまい、逆に手数料が低すぎるファクタリング会社の場合には契約直前になってから手数料を高くしてくる悪質なファクタリング会社であることも考えられます。

ファクタリングの手数料の相場は、2者間ファクタリングでは10~30%で3者間ファクタリングでは1~5%となっていいます。

そのため、上記の相場通り適正な手数料を提示しているファクタリング会社をまずは選ぶ必要があります。

取引先にファクタリングの事実を知られてしまう影響性で選ぶ!

ファクタリングは、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングというものがあり、先ほど紹介したように手数料が異なっています。

2者間ファクタリングは取引先にファクタリングする事実を知られませんが、手数料は高めとなっています。

一方、3者間ファクタリングでは取引先にファクタリングする事実を知られてしまいますが、2者間ファクタリングよりも手数料は低めとなっています。

取引先にファクタリングすることを知られてもかまわないのであれば手数料が低い3者間ファクタリングを得意としているファクタリング会社を選ぶ方が良く、逆に取引先に知られたくないのであれば2者間ファクタリングを専門としているファクタリング会社がオススメになります。

ファクタリング会社によって、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの取引形態に対しては得意不得意があります。

発生した売掛債権の業種や性質で選ぶ!

取引形態だけではなく、利用会社や取引先の業種によってもファクタリング会社を選ぶ方がよりスムーズに売掛債権を現金化することができます。

企業の業種は製造業、建設業、医療事業、国際事業など様々ありますが、ファクタリング会社が得意としている売掛債権の業種や性質にマッチしているかどうかも確認しておくといいでしょう。

ファクタリング会社の選び方のまとめ

ファクタリング会社を選ぶ際には出来るだけ手数料が低いところを選ぶ必要がありますが、それだけではなく売掛債権の性質にあったファクタリング会社を選ぶこともポイントです。

また、あまり低くすぎる手数料の場合には悪質なファクタリング会社の場合があるので、初めてファクタリングを行う場合には手数料の相場を把握しておくことをオススメします。

>>ファクタリングの基本情報&会社ランキングはこちらより

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる