ファクタリングの会計処理で使われる勘定科目とは?勘定科目の種類を解説!

ファクタリングは通常の掛け取引とは異なり、ファクタリング会社に売掛債権を売却して早期現金化を行います。

売掛債権を売却するということは会計処理も通常とは違うため、その時の仕訳で使われる勘定科目の種類も増えていきます。

今回はファクタリングで使用する勘定科目について、通常の掛け取引と比較しながら紹介していきます。

目次

そもそも「掛け取引」や「勘定科目」とは?

まずは、「掛け取引」や「勘定科目」がそもそもどのようなものなのかを簡単に紹介します。

「掛け取引」とは「後払い取引」のことを意味していて、商品やサービスを提供した後に代金の受け取りや支払いを行います。

また、「勘定科目」とは仕訳や会計処理の際に使用する、お金の出入りを分類しやすくするための個々の項目ことです。

勘定科目を大きく分けると「資産」「負債」「資本」「収益」「費用」の5つがあり、またこの中に「現金」「売掛金」「有価証券」「建物」「車両運搬具」といったお金やモノの出入りを細かく分類するための勘定科目があります。

通常の掛け取引での勘定科目とは?

通常の掛け取引で商品を売却した場合の勘定科目は、下記のようなものが使われています。

「売掛金」

「売掛金」は勘定科目の資産に分類され、通常の掛け取引の際の未収入金になります。

掛け取引で商品やサービスを提供した場合の未収入金に対しては「売掛金」の勘定科目を使用します。

売掛債権が発生した際の「売掛金」の勘定科目は、仕訳帳の左側の借方に記帳します。

「売上」

「売上」は収益に分類され、商品やサービスの代わりに支払われた利益になります。

「売上」の勘定科目は売掛債権が発生した理由にもなり、仕訳帳の右側の貸方に記帳します。

「現金」

「現金」は資産に分類され、掛け取引において売掛金に対する支払いが行われると現金や普通預金が増えるので、仕訳は借入に記帳して処理します。

売掛金が支払われた時点で売掛債権は相殺されているので、勘定科目の「売掛金」は借入から貸方に移動することで掛け取引の仕訳が完結します。

100万円の商品を掛け取引した場合の仕訳の例
借方 金額 貸方 金額
売掛金 100万円 売上 100万円

借方 金額 貸方 金額
現金 100万円 売掛金 100万円

ファクタリングの会計処理で使われる勘定科目とは?

ファクタリングの会計処理で使われる勘定科目は、上記の「売掛金」「売上」「現金」の他に「未収金」と「売上債権売却損」が主に加わります。

売掛債権が発生した時点では通常の掛け取引の仕訳と変わりはありませんが、ファクタリング会社に売掛債権を売却すると仕訳が異なり、使われる勘定科目にも違いが現れてきます。

「未収金」

ファクタリングで売掛債権を売却するときには「未収金」という勘定科目を使用します。

「未収金」は資産に分類される勘定科目になり、商品やサービス以外を提供してその発生した代金を後から支払われる際には「未収金」を使用します。

売掛債権は商品やサービスではないので、ファクタリング会社に売掛債権を売却した際には、借方に「未収金」を記帳して借入にあった「売掛金」は貸方に移動させます。

「売上債権売却損」

ファクタリングを利用すると手数料が発生するため、その手数料に対する勘定科目が「売上債権売却損」になります。

「売上債権売却損」は、費用に分類される勘定科目になり借方に記帳して処理されます。

会計ソフトを使用している場合には「売上債権売却損」という勘定科目が対応していないこともあるので、その場合には「債券割引料」や「支払い手数料」といった勘定科目でも問題ありません。

100万円の商品を掛け取引して、さらにファクタリングした場合の仕訳の例
借方 金額 貸方 金額
売掛金 100万円 売上 100万円

借方 金額 貸方 金額
未収金 100万円 売掛金 100万円

借方 金額 貸方 金額
現金
売上債権売却損 90万円
10万円 未収金 100万円

>>ファクタリングの基本情報はこちらより

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる