ファクタリングの会計処理や仕訳の方法とは?注意点やポイントをチェック!

ファクタリングを利用した場合の会計処理は、通常の掛け取引での会計処理とは少し異なります。

そのため、ファクタリングを検討している企業にとっては、会計処理の中でも基本となる仕訳の方法をまずは知っておく必要があります。

会計処理は企業にとって欠かせないものですが、お金の流れをその都度とこに仕訳することは会計処理においての基本的な作業になります。

そこでこちらでは、ファクタリングの仕訳と通常の掛け取引との仕訳の違いや、ファクタリングでの会計処理の注意点やポイントを紹介していきます。

目次

そもそも仕訳とは?

会社を経営している人であれば「仕訳」についてある程度ご存知だと思いますが、少し仕訳についておさらいしておきましょう。

そもそも仕訳とは、企業活動で発生した全てのお金の動きをその都度ごとに記帳することで、お金の動きの属性ごとに勘定科目を使い分けて仕訳帳の「借方」と「貸方」に振り分けることを言います。

借方(かりかた)は仕訳帳の左側になり、現金や売掛債権などの資産が増加する場合には借方に記帳します。

一方、貸方(かしかた)は仕訳帳の右側になり、資産が減ったり収益が増える場合には貸方に記帳していきます。

複式簿記の仕訳では、借方と貸方の片方だけを記帳するということはなく、借方と貸方は常に同じ金額になっている必要があります。

例えば、現金が増えた場合には借方の勘定科目は「現金」になりますが、一方の貸方の方には現金が増えた“理由”となる勘定科目の「売上」などを記帳していきます。

ファクタリングと通常の掛け取引との仕訳の違い

ファクタリングを行った場合の仕訳は、通常の掛け取引での仕訳を知っていればそれほど難しいものではありません。

そのためまずは、通常の掛け取引の仕訳から見ていきましょう。

通常の掛け取引の仕訳

100万円の商品を取引先企業に納品した場合に、売掛金が発生してから現金が入金されるまでの仕訳を例にとってみると下記のようになります。

①100万円の商品を取引先企業に納品して売掛金が発生
借方 金額 貸方 金額
売掛金 100万円 売上 100万円

②後日、取引先企業から売掛金の支払いがあり取引完結
借方 金額 貸方 金額
現金 100万円 売掛金 100万円

通常の掛け取引の仕訳であれば、商品を納品して売掛金が発生した時点で借方に「売掛金」、貸方に「売上」の勘定科目が入ります。

売掛金が後日支払われると、借方にあった「売掛金」は貸方に振り替わり、「現金」や「普通預金」といった勘定科目が借方に記帳されます。

ファクタリングの仕訳

ファクタリングの仕訳と通常の掛け取引の仕訳で大きく異なるのは、ファクタリング会社に売掛債権を売却した後になります。

上記と同じく、100万円の商品を取引先企業に納品した例でのファクタリングの仕訳の方法を見ていきましょう。

①100万円の商品を取引先企業に納品して売掛金が発生
借方 金額 貸方 金額
売掛金 100万円 売上 100万円

②手数料10%のファクタリング会社に売掛債権を売却
借方 金額 貸方 金額
未収金 100万円 売掛金 100万円

③ファクタリング会社から売掛債権の金額が入金して取引完結
借方 金額 貸方 金額
現金
売上債権売却損 90万円
10万円 未収金 100万円

ファクタリングでは売掛債権をファクタリング会社に売却するため、その際に仕訳が発生します。

ファクタリング会社に売掛債権を売却した際の仕訳は、上記のように貸方に「売掛金」が行き、その代わり借方には「未収金」という勘定科目が記帳されます。

「未収金」とは通常の取引(商品の売り買いなど)以外で発生した際に使われる勘定科目になり、ファクタリングの仕訳では多用されています。

また、ファクタリングでは手数料が取られてしまうため、その分の勘定科目は「売上債権売却損」として計上します。

以上がファクリングをした場合の基本的な仕訳の方法になり、ファクリングを実施する場合には仕訳の方法が異なるということを覚えておいた方がいいでしょう。

ファクリングの会計処理でのポイントや注意点とは?

ファクタリングの会計処理でのポイントや注意点には、「会計ソフトがファクタリングに対応していない」「オフバランス化ができる」などがあります。

また、初めてファクタリングを行う場合の会計処理は、担当の会計士か税理士に相談するほうがいいでしょう。

会計ソフトがファクリングに対応していない!

ファクタリングの仕訳は通常の掛け取引とは異なるため、普段使用されている会計ソフトに「売上債権売却損」という勘定科目がない場合があります。

その場合には「支払い手数料「雑損失」「債券割引料」という勘定科目でも問題ありません。

オフバランス化ができる!

「バランスシートのオフバランス化」ということをよく聞きますが、それは資産を敢えて減らして総資産利益率(ROA)を多くすることを言います。

総資産利益率とは、総資産に対してどのくらいの利益を上げられたのかを示す割合のことで、企業の収益性の指標にもなっています。

売掛債権は資産になり、それを売却することで帳簿上での総資産利益率を上げることができます。

総資産利益率は銀行融資での審査基準にもなるので、ファクタリングをすることで銀行からの融資をやや有利にすることができます。

最初は担当の会計士や税理士に相談するのがオススメ!

ファクタリングの会計処理の方法を紹介してきましたが、初めてファクタリングの会計処理を行う場合には担当している会計士や税理士に相談するのがオススメです。

ファクタリングは通常の掛け取引とは異なるので、あやふやなまま会計処理を済ませるのではなく会計の専門家に相談しておく方が安心して決算することができます。

また、会計士や税理士に相談すればよりスムーズに会計処理できる方法を提案してくれることもあります。

財務状況のオフバランス化のためにも、スムーズなファクタリングの会計処理を行って行きましょう。

>>ファクタリングの基本情報はこちらより

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる