ファクタリングは個人事業主でも利用できるの?個人事業主がファクリングを利用する時の注意点とは?

売掛債権を売却するファクタリングは法人のみしか利用できないと思われているかも知れませんが、実際には個人事業主でもファクタリングを利用することが可能性です。

ただ、個人事業主がファクタリングを利用する場合はいくつかの注意点があり、法人登録している企業と比較してしまうと個人事業主は売掛金が少額であったり信用力がやや低く見られてしまいがちです。

そこでこちらでは、個人事業主がファクタリングができないと思われる原因と、個人事業主がファクタリングするためのポイントや注意点をいくつか紹介していきます。

目次

個人事業主がファクタリングをできないと思われてしまう訳とは?

債権譲渡登記が法人にしかできない

個人事業主がファクタリングを「利用できないのでは?」と思われてしまう理由はいくつかあります。

主に2者間ファクタリングを行う場合の「債権譲渡登記」がネックになっていて、債券譲渡登記は基本的に法人にしか行うことができません。

そのため、ファクタリングを個人事業主は利用できないと誤認されてしまっているようです。

ただ、売掛金先に債権譲渡通知書によって売掛債権の売却を承認してもう、3者間ファクタリングであれば個人事業主でも売掛債権を売却できるため、個人事業主でも問題なくファクタリングを利用することができます。

個人事業主の売掛債権は少額なため

個人事業主の売掛債権は、数百万円規模の売掛債権がある法人と比較してしまうと少額なケースが多いです。

そのためファクタリング会社としては、個人事業主の売掛債権を扱っても大きな利益を得ることができないため魅力的には見えず、以前までは積極的に個人事業主の売掛債権を扱うファクタリング会社はいませんでした。

しかし、今では個人事業主の売掛債権を積極的に扱うファクタリング会社は充実していて、創業間もない個人事業主の資金調達の手段としてオススメの方法となっています。

個人事業主がファクタリングを利用するためには?

個人事業主がファクタリングを利用するためには下記の条件が必要です。

  • 個人事業主でも利用可能なファクタリング会社に申し込む
  • 売掛債権の金額がファクタリング会社の最低条件金額を満たしている
  • ファクタリングに適正している業種である

個人事業主がファクタリングを利用するには「個人事業主OK!」「個人事業主に対応!」となっている様なファクタリング会社でなければ利用することができません。

また、それぞれのファクタリング会社では買い取れる売掛債権の金額の最低条件というものがあり、およそ30~50万円の金額が売掛債権の最低条件の相場となっています。

その他にも個人事業主の業種によっては売掛債権が確実にあっても買取不可になることがあり、アダルト業界や反社会的勢力の売掛債権は売却することができません。

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意とは?

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点は、下記のようなものが主に挙げられます。

  • 手数料が低いファクタリング会社を選ぶ
  • 法人よりも審査はやや厳しくなる
  • 取引先が個人事業主の場合にはファクタリングできない

ファクタリングの手数料は各ファクタリング会社が独自に設定していますが、手数料は売掛債権の金額によって増減します。

個人事業主の場合には法人と比較すると少額の売掛金債権を売却することが多く、その結果法人よりも手数料が高くなりやすいです。

そのため、個人事業主がファクタリングを利用する際には出来るだけ手数料が低いファクタリング会社を選ぶ必要があります。

さらに、個人事業主は法人よりも審査が厳しくなるため、信用力の高い売掛金先でなければ審査が通らない可能性もあります。

また、売掛金先は必ず法人である必要があり、個人事業主同士で発生した売掛債権のファクタリングは行うことができないため注意が必要です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる