ファクタリングを使えば給料を早く受け取れる?給料ファクタリングのメリット・デメリットとは?

ファクタリングを利用すれば、給料を早く受け取れることをご存知でしょうか?

ファクタリングとは売掛債権を売却する企業の資金調達の一つですが、個人でも行える「給料ファクタリング」を利用すれば給料を早く受け取ることができます。

こちらでは、給料ファクタリングの概要とメリット・デメリットについて紹介していきます。

目次

給料ファクタリングとは?

「給料ファクタリング」とは、個人の給料債権を売却して給料日前に現金化できるファクタリングサービスです。

通常のファクタリングの場合では、企業同士の取引において発生する売掛債権を売却しますが、給料ファクタリングでは「個人の給料債権」を売却します。

債権とは他の人に対して一定の行為を要求できる権利のことで、売掛債権の場合では商品やサービスを提供した後に代金を請求できる権利になり、給料債権の場合には労働した対価としてお金を受け取れる権利が債権に該当します。

給料ファクタリングを行っているファクタリング会社に給料債権を売却すれば、給料の前借りと同じように現金を前倒しで受け取ることができます。

給料ファクタリングのメリット

給料ファクタリングのメリットには下記のようなものが主に挙げられます。

・2者間ファクタリングであれば会社にバレない!

通常の売上債権を売却するファクタリングでは、2者間ファクタリングと3者間ファクタリングというものがありますが、給料ファクタリングでも同様に2者間と3者間のファクタリングがあります。

3者間の給料ファクタリングでは会社に対して債権譲渡通知書による承諾を得る必要があるため、給料ファクタリングをすることがバレてしまいます。

しかし、2者間の給料ファクタリングであれば会社に承諾を得る必要がないため、給料ファクタリングをすることがバレることがありません。

借り入れではないので、利息の発生がない

ファクタリングは融資や借入ではないので利息が発生しません。

消費者金融やカードローンなどからの借入では、利息が発生してしまうため返済計画を立てる必要があります。

一方、給料ファクタリングの場合には最初から手数料が差し引かれた金額が入金されるため、消費者金融のような返済計画を立てる必要がありません。

審査が甘い

給料ファクタリングは消費者金融よりも審査が甘く、給料債権が確実に存在していれば審査を通すことができます。

また、信用情報に問題があり消費者金融などから借入できない状態であっても、給料ファクタリングであれば債権の売却になるため審査を通すことができます。

・信用情報が汚れない!

消費者金融などで借入してしまうと個人の信用情報が汚れてしまい、住宅ローンを組む時にはやや不利になってしまう可能性があります。

しかし、給料ファクタリングは借入ではないので信用情報が汚れることがありません。

給料ファクタリングのデメリット

手数料がかかる

給料ファクタリングの手数料の相場は「3.0%~20.0%」となっています。

3者間ファクタリングであれば手数料は5%前後と低くなっていますが、2者間ファクタリングの場合には10~15%とやや高い手数料を取られてしまいます。

2者間ファクタリングの場合には会社にファクタリングを知られないメリットがありますが、その代わり手数料が高くなってしまうデメリットがあります。

3者間ファクタリングでは会社に知られる

3者間ファクタリングでは手数料が低くなっていますが、会社には給料ファクタリングすることがバレてしまいます。

会社に給料ファクタリングがバレてしまうと、「お金に困っているのでは?」と思われたり、私生活での経済状況を心配されてしまう可能性があります。

給料ファクタリングを提供しているファクタリング会社が少ない

給料ファクタリングを提供しているファクタリング会社はとても少ないというのが現状です。

実際に給料ファクタリングを利用したくても、提供しているファクタリング会社が自体がとても少ないため、限られたファクタリング会社しか選べないことになります。

給料ファクタリングのまとめ

給料ファクタリングを利用すれば、急な資金の入用に対処することができます。

ただ、手数料が取られてしまうので継続的な利用ではなく、一時的な利用に留めておく方がいいでしょう。

また、給料ファクタリングを提供しているファクタリング会社の中には、手数料を相場よりも高く設定している悪質なファクタリング会社もあり、実際に給料ファクタリングを利用する場合には手数料をよく確認しておく必要があります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる