日本のファクタリングの市場動向とは?世界と比較しみた結果

ファクタリングの市場動向にフォーカスしてみると、日本企業におけるファクタリングの利用は世界と比較するとどうなっているのでしょうか?

また、日本でのファクタリングはどうなっていくのかも気になるところです。

そこでこちらでは、日本のファクタリングの市場動向や将来性を世界のファクタリング市場と比較しながら紹介していきます。

目次

日本のファクタリングの市場動向とは?

ファクタリングの発祥は14世紀頃のイギリスと言われていますが、現代で行われているファクタリングは19~20世紀のアメリカになり高度経済成長の下支えの役割を担っていました。

日本にファクタリングが伝わったのは1970年頃になり、アメリカやイギリスなどと比較するとその歴史はとても浅いものですが、徐々に日本においてもファクタリングの認識が広まっています。

特に、1998年の「債権譲渡登記制度」の成立や、2005年の「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律」が成立したことが大きく、その辺りを堺に日本でのファクタリングの市場が増えてきています。

また、ファクタリングは政府も推奨している資金調達になり、売掛債権を多く保有している中小企業に対しては特に積極的な導入を図っています。

世界のファクタリング市場とは?

オランダにあるファクタリングのグローバル機関「FCI」(Factors Chain international)のデータを見てみると、2012~2018年まではイギリスと中国の2ヵ国がファクタリングのシェア率がとても高く日本円にして約30~40兆円をファクタリングしています。

一方、日本のファクタリング市場は5~9兆円という金額になり、先進国の中ではやや低い位置となっています。

また、ファクタリングシェア率が多いのはイギリスを筆頭にフランス、ドイツ、イタリア、スペインといったヨーロッパ諸国がリードしていることが分かります。

参考サイト
https://fci.nl/about-factoring/2018_World_Factoring_Statistics.pdf

日本における今後のファクタリング市場の行方は?

日本では昔から手形取引が往々にして行われていたため、老舗の企業にとってはファクタリングを受け入れられない側面が根強くあります。

ただ、手形取引も今ではピーク時の4割以上もの交換所が減少しているため、日本の企業間の支払い方法は変化している状況です。

特に「でんさい」といった電子記録債権での支払いが普及したことによって、売掛債権を売却することが徐々に一般化しています。

また、ファクタリング会社もクラウド型といったよりスピディーな契約ができるところも現れ始めているため、日本におけるファクタリング市場は徐々に拡大していくことを予想できます。

>>ファクタリングの基本情報はこちらより

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる