ファクタリングの審査は甘い?ファクタリングの審査基準とは

「ファクタリングの審査は甘い」ということをよく耳にしますが、どのような理由で他の資金調達の方法よりも審査が甘いのでしょうか?

また、ファクタリングの審査基準や審査スピードも気になるところです。

こちらでは、ファクタリングの審査が甘い訳と審査の基準や審査スピードがどれくらいなのかを紹介していきます。

目次

ファクリングの審査が甘い訳とは?

ファクタリングの審査が甘い訳は、「融資ではなく、売掛債権の売却である」ということが大きな理由になります。

企業の資金調達の中でも一般的なものには銀行からの融資がありますが、銀行融資の場合には審査が厳しいと言われています。

銀行融資の審査が厳しい訳は、融資先が倒産などをしてしまうと貸倒れという融資金の回収が不可能な状態になってしまうからです。

一方、ファクタリングの場合には確実に存在している売掛債権であれば、ファクタリングの利用先企業が倒産してしまっても売掛金自体の回収は可能となっています。

そのため、ファクタリングの審査は銀行融資とは違い非常に甘くなっています。

ファクタリングの審査基準とは?

ファクタリングの審査基準は主に「売掛債権の信ぴょう性」と「売掛金先企業の経営状況」になります。

売掛債権を購入するファクタリング会社が危惧していることは、大まかに次の二点です。

・売掛債権が虚偽のものではなく確実にあること
・支払い能力があること

そのためファクタリングの審査の場合には、売掛金先との基本的契約書や納品書、発注書、請求書などの提出を求められます。

その他にも、売掛金先との過去の入金履歴が分かる銀行の預金通帳などの提出も求められることも多く、どのくらい売掛金先と取引しているのかも審査基準になります。

ファクタリングの審査スピードとは?

ファクタリングの審査スピードは、2者間ファクタリングという利用企業とファクタリング会社のみで行われる取引であれば、早くてその日のうちに審査が通ることがあります。

ファクタリング会社によって審査スピードはやや異なりますが、2者間ファクタリングであれば基本的には最短即日の資金調達が可能です。

ただ、平均的な審査スピードとしては2者間ファクタリングでは「2~4日」になり、3者間ファクタリングであれば「10~20日」といったものになります。

銀行融資や公的融資などでは審査は1カ月前後は掛かるものなので、審査が甘いことによって審査スピードが早いこともファクタリングの特徴になります。

>>ファクタリングの基本情報はこちらより

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる